遺品整理の生前予約サポート

終活を始めてから葬儀と同じくらい多くの方が検討されるテーマがお片付け、遺品整理についてです。
トータルサポート
お片付け、遺品整理について

財産面については、遺言の用意や相続手続きの予約などで対策を取りつつ、通帳や不動産等財産関連の書類、各種契約書類等をまとめて、しまっている場所についてをエンディングノートに記載することで残された家族が見つけられるように準備する、といったことが一般的になってきました。
また、葬儀についても、お子様やご親類に一時的であっても大きなお金を立て替えさせる負担を与えたくない、有事の際に呼ぶ人や連絡する友人等のリストを残し葬儀の規模感についても検討しておきたい、といった希望が増え、各専門葬儀社でも親身になって生前予約の勉強会や説明会などを実施して対応をしています。 

上記と同様に、終活をする本人や、急に先立たれて手続きに追われる家族が「どうしてよいかわからない」と感じているのが生前に本人が使ってきた多くの荷物のお片付けについてです。

長い人生ですが、遺品整理を行う機会はなかなかありません。

遺品には生活用品から家具、家電、財産になるような高価なものまでさまざまな種類のものを整理しなければならないため、時間と体力、根気のいる大変な作業です。弊所でも「何から手を付けてよいかわからない」と悩まれているお客様の声を数多く聴いてきました。

弊所では生前の終活の一環として、また、相続発生後のお手伝いとして遺品整理事業者様と協力しお客様のお手伝いを実施してきた経験が御座います。ここからは、終活対策、いざその時が来てしまった場合のために、遺品整理を行う適切な時期、仕分け方、処分方法等について記載していきます。

お片付け、遺品整理の適切な時期

終活でのお片付けは、地道な作業となります。使うもの、使わないものの選別をしつつ、思い入れがあるものや特別な価値のあるものは親族や友人に譲ることもよいでしょう。引き取りで買い取りをしてくれる業者もあるため、片付けたい、と感じた時期に大きな家財については業者に見積もりを依頼することをオススメしています。また、持ち家か、賃貸か、という住居の状況に応じてもお片付けの重要性が変わってきます。
持ち家であれば相続手続きの際に相続するであろう親族が片付けを行ってくれますが、賃貸住宅での一人暮らしの場合には、準備をしておかなければ片づけをしてくれる人はいません。遠くの親戚が呼ばれて片づけを行うか、親戚からの依頼で後日業者が片づけを行うか、もしくは市区町村が片づけを行うことになります。弊所でも相談を下さる多くのお客様が、「関係性の遠い親戚に迷惑をかけたくない」とお考えで、前もって有事の際に遺品整理会社が手続きをできるように「死後事務委任契約」という形で準備をされています。
お片付け、遺品整理の適切な時期

死後事務委任契約とは

親族が亡くなってから行う遺品整理、という意味では、適切なタイミングは人それぞれの状況に応じて行うことが一番ではないでしょうか。故人への悲しみが癒えるのに時間がかかりそうであれば、無理をせずゆっくりと進めることも一つの選択であると考えられます。  
葬儀後間もないうちに遺品整理をした結果、親族同士で諍いが発生する、というケースも聞くため、親族がそれぞれに納得がいくタイミングを模索し、故人への気持ちの区切りをつけていくことが大切です。
死後事務委任契約とは
期限がある場合

期限がある場合

故人が賃貸住宅に1人暮らしをしていた場合、物件を明け渡さなければならないため、期日までに遺品整理を済ませる必要があります。
多くの場合は亡くなった月末か、翌月末までを契約期間都市、その期日までに遺品整理を完了させています。
また、四十九日の法要が済むまで賃貸契約を結んでおき、その後に遺品整理を行う方も多くいらっしゃいます。
期限が無い場合

期限が無い場合

トラブルを避けるため、他の親族と相談の上遺品整理を進めるのが肝要です。
多くの場合、
●法要の際
●死亡後の相続手続き等が終了したとき
●故人を亡くした傷が癒えたとき に遺品整理を行っています。

親族同士が遠方に住んでいて集まることが難しい場合には、一同が集まったタイミングで始めることがオススメです。

仕分けの仕方
遺品については、貴重品と形見、リサイクル可能なもの以外は全て廃棄するものになります。親族が数名いらっしゃる場合には形見分けとしてそれぞれ思い思いのものを引き継ぎ、その他のものについてはリサイクルや各自治体の分類に応じて処分していきます。個人で上記のことをやろうとすると、分別の手間、自治体の回収日ごとに廃棄する手間や、体力、時間的に大変負担が大きいです。この点、遺品整理業者に頼む場合、一括ですべてお願いできるため、自身で分別する必要も、不用品の種類ごとに事業者を手配する必要もありません。
遺品整理業者の選び方
弊所では多摩地域全域で遺品整理業者とお付き合いいたしております。弊所が提携している遺品整理業者は、生前の終活に伴うお片付けからリサイクル品の代理売却、死後のお片付けなどを速やかに行ってくれ、事前の明朗なお見積もりにも対応致しております。終活をお考えになった皆様、独居の親戚がいらっしゃる皆様、担当している利用者様に独居の方がいらっしゃるケアマネージャーの皆様、どうぞご検討の際にはお気兼ねなくご連絡くださいませ。
バナー
法律に基づき作成・提出を代理する法律手続きの専門家として多くの相談実績を持ち、様々な相談に携わっております。相続手続き代行業務として、生前対策・身元保証・家族信託・成年後見・エンディングノート作成・死後事務などに対応し、地域の法律の相談役として、東京の皆様のお悩み・お困りごとに丁寧に対応します。
法律上のお悩みに関してはお客様一人ひとりでご事情が異なるため、広い分野を含めて総合的に手続き代行のサービスを東京にてご案内しております。相続について将来的に気になっているお悩みや、人に相談しづらい困りごとなど、行政書士として様々なご相談をお伺いいたします。お客様一人ひとりの細かなご事情やご要望を精査し、理想的な対応策を考案します。ご相談のご依頼はお電話で承り、初回は無料で対応しております。
まずは、メール、電話でご予約ください。

行政書士法人Legal Agent

042-842-3777

042-842-3777

営業時間:9:00 〜 18:00

小平事務所「あんしんシルバーライフ相談室」

042-312-3586

042-312-3586

営業時間:

平日10:00~17:00

メールでのお問い合わせ