遺言作成に向けた推定相続人調査

推定相続人調査は戸籍の収集によって調べて行きます。

遺言作成時や「自分の相続人が誰になるのか?」を相続の発生前に調査することは、可能な場合と不可能な場合があります。
しかし、専門家に相談することで大まかな特定までは行うことが出来ます。是非、お気軽にご相談下さい。

トータルサポート
遺言作成に向けた推定相続人調査

遺言作成に向けた推定相続人調査

遺言作成時に限らず、自身に子供がいない場合や配偶者がいない場合など、自分の相続人が誰になるのか、が気になっている方は数多くいらっしゃいます。現在の法定相続の制度上、誰が相続人かを家族構成から判断することは可能ですが、本来相続人である親族の死亡などをがあるとどんどんわかりにくくなっていきます。  
自分の相続人は誰なのかを相続の発生前に調査することは、可能な場合と不可能な場合とがあります。
推定相続人調査できる?できない??

推定相続人調査できる?できない??

通常の相続調査と同様に、推定相続人調査についても戸籍の収集によって調べていきます。  
相続手続きの際には、どんなに関係性が遠くても直径親族傍系親族を問わず相続人の戸籍を必ず集めることができます(直系親族は両親祖父母など上の世代、子、孫など下の世代と縦につながる親族。傍系親族は兄弟、伯父伯母、姪甥等横につながる親族です)。しかし、被相続人が存命である場合、例えば推定相続人が甥の場合などには、戸籍法によって傍系親族の戸籍を取得することが出来ないために、調査を灌水することが出来ません。兄弟姉妹であったも結婚して別の戸籍が作られている場合(同一戸籍に入っていない場合)には自由に戸籍を取得することが出来ません。

推定相続人調査が可能な場合
推定相続人調査が可能なのは、子供や孫等の直系親族が推定相続人となる場合や、兄弟姉妹が未婚で親と同じ戸籍に入っている場合等です。

子どもや孫などの直系卑属(子孫の世代)が推定相続人となる場合であれば、直系尊属(先祖の世代)となる親や祖父母名義での請求によって戸籍を取得することが出来ます。戸籍の取得が可能であるため、このような場合では推定相続人を本人の生前に確認しておくことが出来ます。

しかし、戸籍の請求者が傍系親族(推定相続人が本人の兄弟や甥姪等)となる場合は、上記のような場合でも親族の戸籍取得が難しくなります。請求者はかならず直系尊属となる親や祖父母とするか、直系尊属から委任状を貰うなどの対応をして請求しなければ収集することが出来ません。
推定相続人の調査が難しい場合
推定相続人の調査が難しいのは、推定相続人が結婚している兄弟姉妹(直系親族の戸籍から出た方)や甥姪等の傍系親族が推定相続人となる場合や、二次相続が発生している場合などです。

兄弟姉妹であったも、未婚であって親と同じ戸籍に入っている兄弟姉妹の戸籍であれば親の戸籍を取る際に一緒に表記されるために、傍系親族であっても生前に戸籍を取得することは可能です。しかし、結婚していたり、離婚していても親の戸籍に戻っていない兄弟姉妹、分析した兄弟姉妹については生前に戸籍を取得することが難しくなります。

また、祖母が亡くなって手続きをしないうちにその子である父が亡くなっている場合等、複数の相続が発生しているようなケースでは、推定相続人との関係性を証明することが難しいために戸籍の発行ができないといわれてしまうことも多いです。

そのため、上記のような場合には推定相続人の調査に限界があるため、調査できる範囲での調査にとどめることになるでしょう。

※実際に相続が発生した場合には、相続を理由とし「相続人という同じ立場」によって傍系親族であっても戸籍を収集することができます。

以上のように、「推定相続人が誰か知りたい」という場合でも、調査できる場合と調査できない場合とがあります。しかし、専門家に相談することによって、相続人と思われる方の大まかな特定までは必ず行うことが出来ます。行政書士事務所LegalAgentでは初回面談は完全無料です。お困りの際はいつでもご連絡くださいませ。

料金表

  • 遺言書作成の料金表
    〈財産総額〉 〈基本報酬〉(税込) 主な業務内容
    〜4,000万円 55,000円 ①遺言書作成におけるアドバイス
     ・自筆証書遺言もしくは公正証書遺言で作成すべきなのか等を専門家の目線からお伝えします。

    ②遺言書の内容確認
     ・作成した遺言書が法的に間違いがないか、また手続き的にも問題がないかどうかをチェックします。

    ③必要書類の取得
     ・戸籍、住民票等の取得
     ・不動産資料等の取得"

    【遺言執行者就任】
    ・不動産の評価は「固定資産評価額」を基準に計算します。
    ・債務等を控除する前の金額を基準として遺言執行報酬は計算します。
    ・左記金額に不動産名義変更の報酬は含まれておりません。
    ・国家資格者(司法書士、弁護士、税理士等)の業務が発生する場合は、別途専門家をご紹介させて頂きます
    4000万円〜1億円 88,000円
    1億円〜1.5億円 121,000円
    1.5億円〜 2億円未満 154,000円
    遺言執行者就任 相続財産の3%
    ※相続財産の額が3%以下の時には、最低報酬として30万円かかります。
    【オプション】
    公正証書遺言の場合には、公証人との文案調整費用 33,000円
    証人立会費用(2名分) 22,000円
    ご自宅・病院など訪問対応(初回は無料) 1回あたり、16,500円
    互助会解約費用 33,000円
    財産管理契約※1 33,000円
    任意後見契約※1 110,000円
    死後事務委任契約※2 33,000円
    ※1 月々の管理報酬、後見報酬は別途
    ※2 死後の事務手続き報酬は33万円となります。
<業務内容> <基本報酬>(税込)
相続人調査 海外の相続人調査(日本国籍) 30,800円
海外の相続人調査(外国国籍) 52,800円
戸籍収集サポートプラン(6名まで) 30,800円
戸籍収集サポートプラン(7名以降) 1名につきプラス5,500円
遺産分割協議書等の作成 相続分譲渡証明書作成 33,000円
特別受益証明書作成 22,000円
その他 遺言執行者、特別代理人、不在者財産管理人等選任申立 50,800円
株主総会議事録作成 10,780円
株主名義作成 10,780円
遺言関係 遺留分放棄申述書作成 44,000円
バナー
法律に基づき作成・提出を代理する法律手続きの専門家として多くの相談実績を持ち、様々な相談に携わっております。相続手続き代行業務として、生前対策・身元保証・家族信託・成年後見・エンディングノート作成・死後事務などに対応し、地域の法律の相談役として、東京の皆様のお悩み・お困りごとに丁寧に対応します。
法律上のお悩みに関してはお客様一人ひとりでご事情が異なるため、広い分野を含めて総合的に手続き代行のサービスを東京にてご案内しております。
相続について将来的に気になっているお悩みや、人に相談しづらい困りごとなど、行政書士として様々なご相談をお伺いいたします。お客様一人ひとりの細かなご事情やご要望を精査し、理想的な対応策を考案します。ご相談のご依頼はお電話で承り、初回は無料で対応しております。
まずは、メール、電話でご予約ください。

行政書士法人Legal Agent

042-842-3777

042-842-3777

営業時間:9:00 〜 18:00

小平事務所「あんしんシルバーライフ相談室」

042-312-3586

042-312-3586

営業時間:

平日10:00~17:00

メールでのお問い合わせ